Translate

2019年11月25日月曜日

MISOROGI人形展 大阪巡回展

MISOROGI人形展 2019は、珈琲舎/書肆アラビクで大阪展巡回いたします。




11月23日(土)~12月4日(水)まで、会期中27日(水)は定休日ですが、4日(水)は開店いたします。
大阪展のお問い合わせは、アラビクへ直接どうぞ。

2019年11月11日月曜日

出品作家紹介 クリギナ・クリスティネ

Kligina Kristine

ラトヴィアのクリギナさんは、今年のFANTANIMA!で初めて日本で作品を紹介しました。
ボロボロの布にほつれたような糸が、テディベアや鳥の形を成した衝撃的な作品でした。

人形の面白さは、今、生きている人が生命の形を無から紡ぎ出す行為にあると思います。
文字通り、それをそのまま実践しているのが彼女です。
自由に大胆に、しかし自然に優しく、目をこらしてみるとそこに生き行きとした命が浮かんで見えてくる…
手にしたときの感触も愛おしいものです。
これだけのアート性のある作品ですが、価格はとてもお手頃です。

MISOROGI人形展の出品作詳細は、公式ウェブサイトの作家ページをご覧下さい。

胡桃の葉で染め出した布に刺繍を施した絵
綿布に蝋とインクで絵を描き、ケンプ布に縫い付けたもの
「犬」
「テディベア」

出品作家紹介 クリヴェンコ・スヴェトラナ

Krivenko Svetlana

ロシアのクリヴェンコはFANTANIMA!をご覧になった方はご記憶だと思います。
チェブラーシカやペーソスのある動物のぬいぐるみで人気を博し、来日してワークショップをした年もありました。

もともとは人形づくりに興味をもって習い始めたのが、制作のきっかけだそうです。
ヘッドや手足を自分の型で陶で制作し、素朴に彩色する方法で 動物のぬいぐるみを作り続けていました。今年、実家の子供時代の机のなかにソ連時代のペーパードールが保管されているのを発見。それを立体化することを思い立ち、そこにあるファッションを再現しています。
まるで紙の人形が命を得てそこに佇んでいるようです。
衣装はすべて自分の手作りで、どれも一点もので、脱着できるように作ってあります。

作品には手作りの箱とペーパードールのレプリカがついていて、モデルにしたイラストが分かるようになっています。
どれも一点もので、4点の出品になります。気に入ったものがあったら早い者勝ちです。

作品と価格は公式サイトの作家ページをご覧下さい。



2019年11月10日日曜日

出品作家紹介 ホフロヴァ・マヤ

第2回MISOROGI人形展(2016年)のDMはホフロヴァさんの人形でした。
ロシアのホフロヴァは綿、ペーパーマッシュ、木などの自然の素材から、思いもよらぬ人のかたちを生み出します。
高山植物の研究者だったホフロヴァさんは、絵画ではピロスマニや素朴派を好みます。ホフロヴァの目線の先にあるアートがひとがたの形で、人形やブローチに自由に形をかえて現れてくるんですね。

 今年のテーマ「自然のしづけさ」を伝えると、そこから連想してペーパーマッシュの人形を2体作ってくれました。
 角のあるディアナ(30cm)
静けさを思っていて、生まれた「ドーリー」

このほか、綿や木のユニークな人形、ブローチもあります。
 

全作品と価格は公式ウェブサイトの作家ページをご覧下さい。

出品作家紹介 レマンス・タイス

Remans Tais

FANTANIMA!でもおなじみウクライナの作家です。
大学などで美術やあらゆる工芸技術をマスターし、素材と技術に精通しています。
細やかな手仕事、ロマンチックな美意識がどの作品にも見事に集結しています。

今回のMISOROGI人形展の作品についてはこのようなコメントを頂きました。

「これらの作品のイメージは自然そのものから得ました。その柔らかく滑らかなライン、温かい色合い、動物と植物のハーモニー。シンプルで小さなボディですが、それらの生き物の特徴を生かすために様々な布の質感、複雑な自然の陰影を施してます。草花や木々の刺繍は作品のイメージをいちばん強調するものです。それぞれの動物に異なる刺繍がしてあるので、見て下さいね。
作品にはあらゆる自然素材の布を使っています。顔や手足の粘土部分は自分の原形から型を起こしています。自然に優しい素材として粘土はラドール、着色には水彩・パステルを使用しています。」









作品の全てと価格の情報はHPの作家ページをご覧下さい。
会場にお越しになれない方のお問い合わせ・お申込はHPのContactページからお問い合わせください。

出品作家紹介 バズェノヴァ・クセニア

Bazhenova Ksenia

オムスク在住の若い作家で、布や陶を素材に絵画的な世界を作り出しています。2018年のMISOROGI人形展が日本で初めての展示になります。
ロシア革命時の文化人を描いたポートレートシリーズに取り組んだこともあり、彼女の人形は「知的プリミティブドール」と呼ばれました。

画像の作品はすべてMISOROGI人形展出品予定です。
絵画的な風景を感じさせる大きな作品もありますが、すべて布製、色はテンペラで彩色されていて、重くありません。
壁にかけることもできます。魚も遠くから見ると固い質感に見えますが、同じ技法で作られています。
価格情報は公式ウェブサイトの作家ページをご覧下さい。

MISOROGI人形展出品作品
「魚」「水夫」「鳥」(2点)



布にテンペラで着色。
水夫は首がと手が動くので、絵画的なポーズをつけて遊ぶことができます。
 

出品作家紹介 Alena K

アレナKはベラルーシの作家です。
今年のFANTANIMA!で、粘土で作った個性的な兎のシリーズで人気を博しました。
人形の制作もしており、VOGUEに掲載されたファッションにインスピレーションを得て今回の2点を制作しました。

人のフォルムをデフォルメし、モダンに簡素化したファッションが特徴です。
肩はジョイントなので動かすことができます。
玩具的な性格をもちながら、余分な説明をはぎとって抽象化したアート作品として楽しめる人形です。

公式website AlenaKのページ

 「ペットとお散歩」(犬)
「ペットとお散歩」(猫)